北朝鮮の短距離ミサイル発射指示者に影響した金星の悪霊

NHK NEWSWEBによりますと、「北朝鮮 短距離ミサイル2発発射か 米韓が分析進める」と報道されましたので、NHKニュースから引用致します。

 

[引用開始]

北朝鮮が9日午後、今月4日に続いて再び飛しょう体を発射しました。発射されたのは短距離ミサイル2発で、最大で420キロ飛行して日本海に落下したとみられ、米韓両軍が詳しい分析を進めています。

 

韓国軍の合同参謀本部によりますと、北朝鮮は日本時間の9日午後、北西部ピョンアン(平安)北道のクソン(亀城)付近から2発の飛しょう体を東の方向に向かって発射しました。

 

韓国軍の分析では、2発はいずれも短距離ミサイルとみられ、1発目は日本時間の午後4時29分ごろに発射されて420キロ余り飛行し、2発目はその20分後に発射されて270キロ余り飛行したということです。

 

また、韓国メディアは、2発とも高度は50キロ余りに達し、日本海に落下したと伝えています。

 

韓国軍は、発射地点について当初、北朝鮮のミサイル開発の拠点があるとも指摘される北西部ピョンアン北道シノリ(新五里)付近としていましたが、その後の分析結果として、シノリから北西に40キロほど離れたクソン付近だったと修正しました。

 

北朝鮮は今月4日に東部のウォンサン(元山)から日本海に向けて最大で20発余りの飛しょう体を発射し、この時は最大でおよそ240キロ飛行したと分析されています。

[引用終了]

出典:NHK NEWS WEB、北朝鮮 短距離ミサイル2発発射か 米韓が分析進める、2019年5月9日

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190509/k10011910061000.html

 

飛翔体発射の指示者は朝鮮民主主義人民共和国初代国務委員長ですが、聖霊様によりますと、指示者には今月4日飛翔体発射時と同様に金星の悪霊が影響を与えており、発射理由も同様で人間関係の問題による気分の悪化をスッキリさせるためであった、とのことですのでお知らせさせて頂きます。