北朝鮮の飛翔体発射指示者に影響した金星の悪霊とその除去方法

FNN.jpプライムオンライン@FNN_Newsによりますと、北朝鮮が“飛翔体”9発 「ロケット砲か巡航ミサイル」と題して、「韓国軍によると、飛翔体は4日午前9時すぎに、東部の元山(ウォンサン)付近から、日本海方向に相次いで発射され、70kmから200kmほど飛行した。」と報道されましたので、FNN PRIMEから引用致します。

[引用開始]

北朝鮮が4日午前、短距離の飛翔体を9発発射した。

 

韓国軍によると、飛翔体は4日午前9時すぎに、東部の元山(ウォンサン)付近から、日本海方向に相次いで発射され、70kmから200kmほど飛行した。

 

アメリカ政府関係者は、「発射は9発だった」としているほか、自衛隊関係者は「多連装ロケット砲や巡航ミサイルの可能性が高い」と分析してる。

 

国連制裁決議違反となる弾道ミサイルの発射を控えながら、制裁に屈しない姿勢をアピールしたとみられる。

[引用終了]

出典:FNN PRIME、北朝鮮が“飛翔体”9発 「ロケット砲か巡航ミサイル」、2019年5月4日

https://www.fnn.jp/posts/00417168CX/201905041812_CX_CX

 

飛翔体発射の指示者は北朝鮮労働党委員長ですが、聖霊様によりますと、指示者には金星の悪霊が指示者のメンタル面に同調して影響を与えており、発射理由は人間関係の問題による気分の悪化をスッキリさせるためであった、とのことですのでお知らせさせて頂きます。

 

なお、悪霊等のネガティブ・エネルギーを除去する方法として、滝場へ行くことがお薦めです。ただし、滝の高さは30m以上、居るべき場所は滝の間近で飛沫がかかる位置がベストで、少なくとも霧のような水の微細粒子があるところに1時間は滞在することが必要となります。

 

また、滝壺でなくて構いませんが、滝の下方に水溜りがあれば、そこに足だけを40分以上漬けても効果があります。