ALPS処理水(トリチウム水)微生物除染の経済産業省受入決定のお知らせ

本年6月29日に投稿の拙ブログ記事「福島原子力発電所放射能汚染水・多核種除去設備等処理水の微生物除染実施決定のお知らせ」に記述の決定内容につきましては、「多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会」に対して今まで何をしていたのかということの問題指摘をされてしまうことから、これに対処する説明資料を作成された上で、9月下旬ごろ委員会の委員長及び複数の委員らより厚生労働大臣に小委員会作成の報告書改訂版として提出されましたものの、閣議にて微生物除染実施の承認は保留とされた模様でした。

 

そこで、先月下旬に経済産業大臣宛てに「多核種除去設備等処理水の水素の放射性同位体の生化学によるヘリウムへの転換について(ご提案)」をお問合わせメールフォームにてお送りしたところ、今月2日(月)に大臣は提案通りにALPS処理水(トリチウム水)中の放射性トリチウムの微生物による除染をお受入れになられた旨を、当方のハイヤーセルフとしてのスーパーセルフ様よりお伺いいたしましたので、ご報告させていただきます。

 

なお、ご提案内容の要旨を以下に公表させていただきますので、御参考いただければ幸甚に存じます。

 

 

「多核種除去設備等処理水の水素の放射性同位体の生化学による

ヘリウムへの転換について(ご提案)」の要旨

(1)「多核種除去設備等処理水の取扱いに関する小委員会報告書」では、ALPS処理水の中のトリチウムの処理に関しましては、残念ながら微生物による処理方法は全く検討しておられないことが分かりました。

(2) ところが、放射能汚染土壌の微生物処理による除染では、日数経過とともに放射性セシウム濃度が大幅に低減して、例えば半減期の30年を1ヶ月前後に短縮しているデータが得られておりますし、EM技術を用いればEMの光合成細菌が、ALPS処理水の中に残る水素の放射性同位体であるトリチウムを、放射されるβ線を利用しながら短期間でヘリウムに転換しますので、トリチウム由来の放射能の除染が可能となる筈であると思量されます。

(3) 微生物処理が検討されなかった原因は、物理学教育に携わる方々は如何程事実であったとしても理論的に説明できないことは正統科学として容認しないとの意向であり、物理学を少しでも学んだ人たちは、微生物が放射能を消せる筈がない、常温での原子転換は起こり得ない、との認識からエセ科学、またはトンデモ学説としてレッテル貼りをしているためであることが分かりました。

(4) 添付資料の「ロシアにおける新発見の核変換技術」で説明されておりますように歴史的な重要性を有する技術革命が公表されまして、既にロシアで「化学元素の変成と化学元素のアイソトープ転換の微生物学的方法」と題する特許が取得されていますし、この特許情報の「効果」の欄には「廃棄物元素の放射性同位体を安定同位体に転換して核廃棄物の不活性化を実行することを可能にする」と記載されています。

(5) 2019年7月、日本学術会議物理学委員会物理教育研究分科会の委員の方に、微生物は放射性セシウムである55Cs137のバリウム56Ba137への壊変を働き掛けるとした当方作成の「微生物による放射性元素の安定元素への壊変の理論的仮説」を納得していただきまして、そのレッテルを剥がすことに全面的にご協力いただくこととなりました。

(6) EM技術によって放射能汚染物の除染が可能となっている現状から、ALPS処理水のEMによる除染に関しましては、ALPS処理水すなわちトリチウム水の水分子を構成しているトリチウム由来の放射能をEMにより除染することによって、環境基準を満たすEM処理水にすることで放出可能となることを御理解いただけるものと思量いたします。

(7) この処理水の現実的な解決策として海洋放出或いは水蒸気放出を列挙されておられますものの、何れの場合も徹底的に風評被害への対策を講じるべきであるとされておられ、これに関しましてはEM技術の採用によって放射能除染を行なうことで根本的な対策とすることが良策であると存じます。