日本の食糧問題の解決策がフーヴァーレポートにて示される

米国スタンフォード大学・フーヴァー研究所の西教授は、最近出されたMP3のフーヴァーレポートの中で、日本の食糧問題の解決策を示されていますので、以下にご紹介します。

 

・TPP交渉はアメリカの一人勝ちとなり、日本の農業などは一発で終わりとなる。

・食糧を米国からのみ輸入した場合、価格を吊り上げられても輸入せざるを得ない。

・日本はアメリカを見ているが、南米を見ていない。

・南米は日本人が大好きであり、尊敬している。それは、南米への日本人移民の方が頑張ったのと、日本人は真面目で騙さないと評価されたからである。

・南米へ日本の農業の技術や機械を輸出し、生産物を全量輸入する契約をして、食糧を確保する。

・南米はまだ疫病が多く、水、特にアマゾンの水が飲めないので、水の浄化が必須である。

・日本の水浄化技術は世界一であるので、南米に水浄化の技術や装置を提供する。(ODAで良い。)

・日本人が海外へ出るには、自国の歴史を知って、海外で話すのが良い。そうすると信頼される。

引用元:

フーヴァーレポート、教育TPP、2015年8月23日

同上、産業の未来、中国とヨーロッパ、2015年8月30日

同上、新しいエネルギー戦略、同上

 

ただし、現状では南米へ飛行機で行く場合は米国経由となるために20時間前後を要しますので、直行便が必要になると思います。

GMOへの世界的な反対集会の報道記事の翻訳

昨日、世界的規模でのGMO (Genetically Modified Organism: 遺伝子組み換え有機体)のモンサントに反対する集会と行進が行なわれたとの報道がありましたので、以下に翻訳して御紹介します。

 

「世界はモンサントに反対して立ち上がる:400以上の都市がGMOに抗議する

 

アメリカの生物工学巨人モンサントに抗議しながら、世界中の数千人はグローバルな運動において結び付きました。400以上の都市からの活動家は、GMOと食物供給でのモンサントの独占に対して反対意見を述べています。

土曜日は、3回目のグローバルな例年のモンサントに反対する行進(March Against Monsanto:MAM)を記録しました。主催者によると、48カ国が大量のグローバルな召集に参加する予定でした。

 

モンサントに反対する行進:抗議の世界集会の最新版

 

抗議が世界中のどこで起こっているかについて示す地図を見るために、ここをクリックしてください。合計452の集会は、MAM組織とともに登録されて来ました。

 

活動家はその農業会社を有毒な化学製品を売ったとして訴えます。そして、それは大方の人々の健康、給水、不可欠な収穫授粉者と環境一般にとって良くありません。巨人は、食品の安全規則とGMO分類への忠実な反対に対するその態度の理由でも非難されます。一方、小規模の農民は、種市場を独占した事でモンサントを責めます。」

 

出典:ロシア・ツデイ、世界はモンサントに反対して立ち上がる:400以上の都市がGMOに抗議する、2015年5月24日