世界平和宣言

序言

以下の内容につきまして、本来は私儀の仕事では無かったかも知れませんが、神様方からの御指示によりお取り組み致しましたので、大変出過ぎたことで恐縮ですが、結果をご報告させて頂きますことを御了解頂ければ幸甚に存じます。

 

本文

この地球上での世界平和は達成されました。

 

私は、1992年から世界の諸問題を根本的に解決する方策を得るために、古今東西の叡智を結集して心の問題を探求して来ましたが、その結果として、2005年に「いのちのクリーニング」と称する手法を考案しました。

 

すなわち、世の中で悪事を働いているのは所謂悪魔、邪霊などと呼ばれるネガティブ・エネルギー(以下NE)であることが分かりましたので、「いのちのクリーニング」によってそのNEを浄化してポジティブにすれば、悪事を働かないようにすることが出来る訳です。

 

それで、世界平和の基礎を整えることを目的として、「世界平和の会」を立ち上げて「いのちのクリーニング」を10年以上に亘って実践して来ましたが、このことによって第三次世界大戦の開戦を阻止することが出来ましたし、その後悪事を働く多数のNEを一体ずつ浄化して行くことによって、徐々にではありますが恒久平和へと近付けることができました。

 

実は、第三次世界大戦の開戦を阻止したという事実は中々信じて頂けないようですが、2001年9月11日にイスラム過激派組織アルカイダが引き起こしたとされる米国での同時多発テロは、第二の真珠湾と言われています。つまり、真珠湾攻撃は当時の米国のルーズベルト大統領が日本に先制攻撃をさせるために仕組んだことであったのですが、911テロはサタン(別名:ルシファー)の計画したシナリオに沿ってイルミナティが仕組んで米国政府を使って演じさせたものであり、第三次世界大戦を開戦させるための切っ掛け作りであったのです。

 

と申しますのは、あの911テロによって米国人はイスラム諸国に恨みを抱き、それを利用して2001年10月には米国と有志連合諸国とアフガニスタンの北部同盟はアルカイダの引き渡しに応じなかったアフガニスタンのタリバン政権を攻撃し、2003年には米国を中心とした有志連合軍がイラクへ攻め込んでいましたが、2005年の秋になって、翌春にはイスラエルが米国と組んでイランを攻撃しようとしていることが判明しました。

 

ところが、イランは核兵器開発の疑惑が持たれていますので、イスラエルはイラクの核施設を空爆で破壊した前歴から、先ずイランの核施設を破壊しようとするでしょうし、また1990年代にロシアはイランに原子力専門家と技術情報を提供する共同研究機関を設立し、イランは後にロシアの原子力省と契約を交わして加圧水型原子炉の設置を行なっており、中国もイランのウラン転換施設の建設に関与していますので、イスラエル・米国対ロシア・中国による第三次世界大戦の開戦に繋がってしまうことが明確に予測されました。

 

それに、秘密結社のイルミナティは、サタンによって操られてきていたことと、三回の世界大戦の計画はサタンから、米国の南北戦争での敗軍の准将であったアルバート・パイクに、パイクから革命家のマッチーニへ伝えられて、イルミナティは各国政府を使って第一次、第二次世界大戦を実行してきたという隠された歴史があることから、サタンに「いのちのクリーニング」を適用して浄化すれば、第三次世界大戦の開戦を阻止できるのではないかと期待されました。

 

そこで、2005年の暮れから翌春までサタンをクリーニングしたところ、サタンはルシファーとしてこの世を離れて悪事には関与しなくなりましたので、当時の米国のブッシュ・ジュニア大統領は、2006年の3月21日になって「イランへの攻撃は中止する」と発表せざるを得なくなり、目論見通りに第三次世界大戦の開戦は阻止されたということです。

 

なお、「いのちのクリーニング」の手法は、エネルギー・ヒーリングの装置であるクオンタム・ゼイロイド(略称QX)を元にしていますが、実は、QXのバックでは聖霊様がお働きになられており、その聖霊様のご説明によればクリーニングは真空中に存在する真空エネルギーの元のエネルギーをクリーニングの対象に送り込むことによってネガティブな状態をポジティブにしている、つまり光と闇の関係において光が闇を打ち払っている、とのことです。

 

この光が闇を打ち払うことによる浄化実施後は、浄化前に比べて慈愛、慈悲を始めとしたポジティブなメンタル項目の数値が増加しますが、この浄化操作は多数の地球のNEのみならず、ネガティブなETのグレイ、4次元存在でETの爬虫類人(レプティリアン)、火星からの逃亡霊、金星からのNEなどにも行ないました。

 

因みに、グレイは当時の米国政府に協力して超高度技術の開発に関わったり、HAARPでの気象操作によって飢饉を発生させるために南米沖のエルニーニョを発生させることの指導を行なっていた模様ですが、2009年の夏から行なった集中クリーニングによって一斉に地球を去りました。

 

それに、火星からの逃亡霊は、火星出身の神様方への恨みを晴らすために、イラクやシリアの内戦、エルニーニョの発生や航空機の墜落、2015年の爆弾テロ事件などに関与したり、某国に北朝鮮のミサイル用核弾頭製造の技術支援をさせたりしていましたが、クリーニングと説得によって2017年頃に地球を離れました。

 

また、レプティリアンは、長年に亘って地球上の支配者に取り憑いてその立場を味わうとともに、邪悪な行為に関与することによって満足感を得ていたようです。特に、イルミナティによる世界人口削減計画との関係は強く、人工ウィルスの開発の指導をしたり、遺伝子組み換え種子の生産のための技術開発に協力するとともに、アルカイダやイスラム国の組織作り、航空機の墜落や行方不明事件、各地のテロ事件に関与していた模様です。

 

特にレプティリアンについては長期間を要しましたが、リーダーをクリーニングするとともに出身の星に戻るように説得し、数年間に亘る業務妨害に対しても冷静に対処して来たことによって、一年ほど前にリーダーを始めとした上層部は地球を離れるという決定をして大半が従ったものの、一部は従わずにそのまま残っています。ただし、これまでの地球の支配者が権力を失って来たので、レプティリアンの新しいリーダーは某宗教組織の長を地球の支配者にしようと考えている模様です。

 

ところで、魔界の存在であるアルコンは太陽系も含めた銀河系のNEのグループですが、一年前に、太陽系のNEグループは光の銀河連合との戦闘に敗れて、銀河法典に則り銀河系のセントラル・サンへ連れて行かれ、基本的元素のエッセンスに組成し直されて新たに進化のサイクルを始めるようにされましたし、現在は、太陽系外からのNEの侵入は、天体存在(スフィア・ビーイング)によって阻止されています。

 

この様なことから、残っている地球出身のNEは、せいぜい病気か犯罪を引き起こさせる程度ですので、これ以降、各国の政治や軍のリーダーが暴走するか、レプティリアンが意図的に争い事を唆誘しない限り、戦争が起こされることは無くなりましたので、謹んでご報告させて頂きます。

 

なお、これらはグレート・セントラル・サンであるまことの神様と有難いザ・クリエーター様の御計画でしたので、併せてご報告させて頂きますことは、極めて光栄に存じます。

 

世界平和の会

浜野 泰久

第三次世界大戦の開戦は既に阻止されています

シリアの内戦には外国勢力が関わっていますし、政府軍と反政府軍の間の休戦協定には過激派武装組織は参加を認められていないので、休戦が始まっても難民問題は外国勢力が撤退しない限り解決しそうにありません。

現在のシリアの混乱は、米国での2001年の911テロ事件以来の中近東の紛争、戦乱、テロ事件が解決していないために起きているのですが、この中近東の問題が生じた政治上の発端は、1991年には始まっていた模様です。

すなわち、米国のジョージ・H・W・ブッシュ(シニア)政権のポール・ウォルフォウィッツ国防次官は、1991年にはイラン、イラク、シリアを殲滅すると口にしていたらしく、1992年にウォルフォウィッツ国防次官が中心になって国防総省がDPG(防衛計画ガイダンス)草案を作成しました。

そして、このDPG草案を基にしてネオコン系シンクタンクPNAC(新アメリカ世紀プロジェクト)が報告書の「米国防の再構築」を2000年に発表しましたが、この報告書では変化への明日の優位性を作り出すために「新たな真珠湾」としてのショックの必要性が説かれているらしいのです。

この「新たな真珠湾」として米国で2001年に911テロが引き起こされた訳ですが、実は秘密結社イルミナティによって第三次世界大戦を開戦させようとする企みが秘密裏に進められていましたので、その企みに基づいて世界に大ショックを与えた911テロが引き起こされたのです。

つまり、911テロは、サタンが三回の世界大戦を1800年代後半に計画していて、イルミナティが1900年代に第一次、第二次世界大戦として計画通り実行して、2000年代に入って三回目の世界大戦の計画を実行に移すべく、主として米国政府を使って実演させたものであったのです。

その計画の概要を述べた文面は、アルバート・パイク(注1)からマッチーニ(注2)宛ての1871年8月15日付けの手紙に記されているとのことですので、下記の資料(注3)をご参照願います。

(注1) 米国の南北戦争の大将に選ばれており、当時のKu Klux Klan の運営者で北米フリーメーソンの代表者でした。
(注2) イタリアの革命指導者のジュゼッペ・マッチーニではないかと考えられます。マッチーニの後任は、レーニン、トロツキーでした。
(注3) 海陽研究室・研究報告 「世界平和への取組み」第三部資料編、三回の世界戦争、2006年4月14日
(注4) 削除

イルミナティはカサールユダヤ人と名付けられた国際金融財閥を中心とした組織で、堕天使と言い習わされているルシファー(別名サタン)を崇拝しており、堕天使ルシファーが世界戦争を三回起こすことを計画してパイクへビジョンで下したと推理されます。

そして、この「三回の世界戦争」を知ってから分かることは、イルミナティとその下部組織の各国政府は、二回目まで計画通りに実行して来たという、隠された、記録にない歴史があるということです。

結局、911テロの最終目的は第三次世界大戦の開戦に持って行くために必要な切っ掛け作りであったのであり、第二次世界大戦の後半に日米開戦に導いた日本の空軍による真珠湾に停泊中の米軍艦船への奇襲攻撃と同様な舞台設定になった訳です。

といいますのは、このテロ攻撃によって米国内に何が起こったか、ということを考えれば納得できるでしょう。すなわち、米国内に湧き起こったのは、イスラム諸国に対する怒りであり、イスラム教徒に対する憎しみ、恨みであった訳です。

そこで、ジョージ・W・ブッシュ(ジュニア)大統領(当時)は、米国民のネガティブな感情に後押しされて2001年中に国連安保理決議に基づいてアフガニスタンへの攻撃に踏み切りましたが、2003年には、国連安保理決議のないままイラクへ侵攻しました。

その後、その上2005年の秋に、イスラエルのアリエル・シャロン首相(当時)が、2006年3月末までにアメリカと共同でイランを攻撃するという実行計画を有して暖めていて、それを実行に移しそうだということを知りました。

しかし、イランにまで戦域が拡大すると、計画されている通りに第三次世界大戦の開戦に導かれるという危険性が察知されたので、2005年秋から翌年春にかけて、ルシファーを浄化(ルシファーに対して「いのちのクリーニング」を適用)しました(2006年3月8日完了)。

その結果、米国のブッシュ大統領(当時)は、3月21日に、イランへの攻撃中止を発表しました。もしも、アフガニスタン、イラクへと進んでいたアメリカの攻撃がイランにまで及べば、イランの核施設はロシアが装置を提供して、数年後には中国もイランの核施設の建設に参加していましたので、イスラエル・米国対ロシア・中国の間で確実に第三次世界大戦に突入してしまっていたものと思われます。

つまり、イスラエルは以前イラクによる核兵器の開発疑惑が持たれた際に、イラクの核施設を空爆して破壊したことがありますので、イランに対しても核兵器開発疑惑が持たれていることから、先ずイランの核施設を空爆して破壊しようとするでしょう。これによって、ロシアと中国の怒りを誘発することは明白です。

なお、クリーニングの結果は、以下の資料(注5)をご参照頂ければ幸いです。何れにしましても、ルシファーをクリーニングしたことによって、開戦直前にまで至っていた第三次世界大戦が阻止出来ましたので、「いのちのクリーニング」の効果も証明出来たことになります。

(注5) 海陽研究室・研究報告 「世界平和への取組み」第三部資料編、ルシファーのクリーニング結果(報告書)、2006年6月18日
(注6) 削除

現在までの中近東に於ける紛争やテロは、上記の動きの結果であり、イランへの攻撃の機会を失った後のイルミナティは、世界中の人々に恐怖感を持たせ、そのエネルギーを使って新たな機会で何とかして第三次世界大戦の開戦に結び付かせようとして来た結果です。

実はルシファーは、米国の表の政府とは二重権力構造の18人委員会の行動に対してその都度指示を出していたらしいのですが、「いのちのクリーニング」実施後は地上から離れた模様であるために、イルミナティは上記のことの前に羅針盤としての堕天使をもなくしてしまったことになりますので、第三次世界大戦を開戦させることは至難のことになってしまったのです。

この動きの生じた中で、恒久平和に近づくために紛争やテロの発生の都度、関係するネガティブ・エネルギー(悪魔、火星からの逃亡霊、レプティリアン)をクリーニングして参りましたものの、拙ブログでご報告致しましたのはごく一部だけで、それ以外にも多数あります。

勿論これが全てであるとは申せませんが、「いのちのクリーニング」による浄化の効果が着実に現われて来ていることは確実ですので、恒久平和も目前となっております故にご期待頂きたいと思います。

イルミナティによる世界大戦開戦の企みを阻止するための「いのちのクリーニング」の効果のご案内



お世話になります。

世界中の皆様へ

人類の中のお一人として、その役割を果たして頂きまして有難うございます。
この記事で述べました内容は、本来各国政府が行なうべきことであって私のすべきことではありませんでしたが、たまたま天上界からご命令が下されました役割でしたので、ご容赦頂ければ幸いです。
世界中の皆様に神の恵みがありますように。



世界改革に関する翻訳記事の中に、「古代の中国ファミリー (長老)は、古代のヨーロッパの君主たちとともに、世界担保基金を今でも管理し、」「紛争のすべても、中国の長老たち/ヨーロッパの君主たち/世界担保基金の意図的な支援なしにはどの政府も首尾よく収めることができない、非世界担保基金ファミリーによる軍事支配の幻想を維持するためのたくらみでした。」「こうして、金融や軍事の紛争であれ、全ての紛争は、今、中国の長老たち/ヨーロッパの君主たちによって公的に解決されつつあります。」とする内容がありましたので、これに関連する部分を以下に引用致します。

また、特に秘密結社イルミナティによる第三次世界大戦を開戦させようとする企みが実際にありましたが、それを阻止出来ましたので、そのために使用した「いのちのクリーニング」の効果についてご案内させて頂きたいと思います。

<翻訳引用開始>

古代の中国ファミリー (長老)は、古代のヨーロッパの君主たちとともに、惑星地球上の物理的資産の非常に多くを長い間備蓄して今でも管理し、そして幾世紀にも亘って所有しています。この大規模な富は・・・、種々の信託財産の中に存在し、・・・累計的には、それらは「世界担保基金」として一般に理解されています。

  ・・・

2001, 2003, 2005, 2009, 2012, 2014, 2015年の軍事紛争のすべても、中国の長老たち/ヨーロッパの君主たち/世界担保基金の意図的な支援なしにはどの政府も首尾よく収めることができない、非世界担保基金ファミリーによる軍事支配の幻想を維持するためのたくらみでした。この種の骨折りもおまけにうまくは行きませんでした。

 こうして、金融や軍事の紛争であれ、全ての紛争は、まだ世界担保基金によって費用の支払いを引き受けた、有形資産に裏付けられた、モラルの基礎的な政綱の宣言に隣接する、人間性と全ての文化のリセットに関して、今、中国の長老たち/ヨーロッパの君主たちによって公的に解決されつつあります。
<翻訳引用終了>
引用翻訳元:サナンダ、シタラとディックによる世界のリセット、2016年1月26日

実は、2001年9月11日に引き起こされた米国ニューヨークの世界貿易センタービルのツインタワーの倒壊などの同時多発テロ事件は、サタンが三回の世界大戦を1800年代後半に計画していて1900年代に第一次、第二次世界大戦として計画通り実行して、2000年代に入って三回目の世界大戦の計画を実行に移すべく、イルミナティが主として米国政府を使って実演させたものであったのです。

それですから、911テロの実行目的は第三次世界大戦の開戦に導くための重要な切っ掛け作りであったのであり、第二次世界大戦の後半に日米開戦に導いた日本の空軍による真珠湾に停泊中の米軍艦船への奇襲攻撃と似通った舞台設定であったと言えると思います。

といいますのは、このテロ攻撃によって米国内に何が起こったか、ということを考えれば納得できるでしょう。すなわち、米国内に湧き起こったのは、イスラム諸国に対する怒りであり、イスラム教徒に対する憎しみ、恨みであった訳です。

そこで、米国民が抱えたそれらのネガティヴな感情を追い風として背に一杯受けて、ブッシュ大統領(当時)はテロ事件から約1か月経過後に、国連安保理決議によって首謀者とされたビン・ラーディンとアルカイダの引き渡し要求に応じなかったタリバーン政権が実効支配し始めたアフガニスタンへの攻撃に踏み切りました。

2002年7月には、イラクが大量破壊兵器を開発しているとしてブッシュ大統領は「イラクは排除されなければならない」と広言、2003年3月になり、イラク国内の国連の査察では大量破壊兵器の開発や保持の確証は得られなかったものの疑惑を払拭出来ないとして、国連安保理決議のないまま米英軍はイラクへ侵攻しました。

実のところ、これらの事件や紛争の荒筋は、先に述べたように既に1800年代の後半には提示されていました。その文章は、当時の秘密結社イルミナティのメンバーで米国の南北戦争の大将であったアルバート・パイクから、イタリアの革命指導者マッチーニ宛ての1871年8月15日付けの手紙に記されているとのことですので、以下にその手紙の中に概説されている第三次世界大戦の部分のみを転載します。

<転載開始>
第三次世界大戦は、政治的シオニストたちとイスラム世界のリーダーたちの間で、「イルミナティ」の「代理人」によって引き起こされた紛争を利用することにより、扇動されなければならない。その戦争は、イスラム(モスリム・アラビア世界)と政治的シオニズム(イスラエルの国家)が、お互いを、相互に破壊するというような方法で、処理されなければならない。

 その間に他の国々は、この点についてもう一度分けられて、完全な肉体的、道徳的、精神的、そして経済的疲弊に至るまで強制的に戦わされるであろう・・・我々は、ニヒリストと無神論者を解き放ち、その激しい憎しみ全部で、残忍かつ殆ど流血の騒動の源である、絶対的無神論の効果を国民に明示するという、恐るべき社会的大変動を引き起こすべきである。

 その後、どこもかしこも、革命家の世界的少数派に対抗して自分達を守ることを余儀なくされた市民達は、文明のそれらの破壊者達を皆殺しにするであろうし、そして、キリスト教の迷いから目覚めさせられた群衆は、彼らの自然神教の精神が、その瞬間から羅針盤や方向指示なしで、理想を切望するであろうし、しかし、その祈りをどこで放棄するか知らない内に、ついに公衆の目にするところとなった、ルシファーの純粋な教えの万能の表明を通して真の光を受けるであろう。

 この表明は、同時に両者が攻略され、根絶されたキリスト教と無神論の崩壊の次に来るであろう全般的な反動的運動が原因となるであろう。
<転載終了>
転載元:海陽研究所・研究報告 「世界平和への取組み」第三部資料編、資料4.1 三回の世界戦争、2006年4月14日

(注1) 削除

ここで、「三回の世界戦争」から分かることは、カサールユダヤ人の国際金融財閥を中心とした組織であるイルミナティは、堕天使と称されるルシファー(別名サタン)を崇拝しており、このルシファーが世界大戦を三回起こすことを計画してイルミナティのメンバーにビジョンで下し、イルミナティとその下部組織の各国政府は、二回目まで計画通りに実行してきたという隠された、記録にない歴史が存在していることです。

ところで、2005年の秋になって、イスラエル国のアリエル・シャロン首相(当時)が、2006年3月末までにアメリカと共同でイランを攻撃するという実行計画を立てたことを知りましたが、イランにまで戦域が拡大すると、計画されている通りに第三次世界大戦の開戦に導かれるという危険性が察知されたので、2005年秋から翌年春にかけて、ルシファーを浄化(ルシファーという堕天使に対して「いのちのクリーニング」を適用)しました(2006年3月8日完了)。

クリーニング結果は、以下の参考資料をご参照願います。
参考資料:海陽研究所・研究報告 「世界平和への取組み」第三部資料編、ルシファーのクリーニング結果(報告書)、2006年6月18日

(注2) 削除

その結果、米国のブッシュ大統領(当時)は3月21日に、イランへの攻撃中止を発表しました。もしも、アフガニスタン、イラクへと進んでいたアメリカの攻撃がイランにまで及べば、イランの核兵器開発疑惑、イスラエルの核兵器保持(非公表)もあって、確実に第三次世界大戦の開戦に繋がっていたものと思われます。

政治的シオニストとイスラム世界のリーダー達の間の紛争を引き起こすため、つまり第三次世界大戦を開戦するための切っ掛け作りが、9.11テロであった訳です。

現在までの中東に於ける紛争やテロは、上記の流れに沿ったものであり、イランへの攻撃という最高の機会を失った後のイルミナティは、世界中の人々に恐怖感を持たせるためと、新たな機会で何とかして第三次世界大戦の開戦に結び付かせようとして、テロや紛争を利用して来ました。

実はルシファーは、米国の表の政府と二重権力構造の18人委員会の行動に対してその都度指示を出していたらしいのですが、「いのちのクリーニング」実施後は地上から離れた模様であるために、イルミナティは上記のことに加えて羅針盤としての堕天使をもなくしていましたので、第三次世界大戦を開戦させることは至難のことになってしまったのです。

この動きの生じた中で、紛争やテロの発生の都度、関係するネガティブ・エネルギー(悪魔、火星からの逃亡霊、レプティリアン)をクリーニングして参りましたものの、拙ブログでご報告致しましたのはごく一部だけで、それ以外にも多数あります。勿論これが全てであるとは申しませんが、「いのちのクリーニング」による浄化の効果が着実に現われて来ております故に、恒久平和も目前となっておりますのでご期待頂きたいと思います。