11月22日の福島県沖地震は米国秘密政府18人委員会と国連職員の指示によって誘発された人工地震であった

問題の日の午前5時59分頃、福島県沖を震源とするM7.3(最大震度5弱、震源深さ10㎞:防災科学技術研究所データ)の地震が発生し、津波警報が出ていた仙台港では午前8時3分に1m40㎝の津波を観測したとの報道がありましたが、これは人工地震であるとするブログ記事(注1)がありましたので、その有無について聖霊にお伺いしますと、やはり人工であるとして以下の内容のご回答がありましたので、お知らせさせて頂きます。

(注1)新ベンチャー革命、2016年11月22日早朝、東電福島事故原発の沖合でM7.4 の海底大地震発生:戦時中に米軍は海底核爆発による地震津波兵器を開発済みである事実をなぜ、日本政府もマスコミも日本国民に知らしめないのか、2016年11月22日

 

1.実行方法

米国の秘密政府18人委員会のメンバーであるモンタギュー氏が、国連防災担当長(国連総長の特別代表)のロバート・グラッサー氏へ指示し、グラッサー氏は地球深部探査船「ちきゅう」の関係者へ指示して、その関係者が福島県沖海底の掘削作業、掘削穴への小型核爆弾の設置作業を行ない、11月22日早朝(日本時間)に遠隔による起爆操作(操作者は不明)が行なわれた模様です。

 

2.実行理由

モンタギュー氏は日本への恨みの感情(注2)に基づいて指示しており、グラッサー氏は面白半分(注3)で指示したとのことです。

(注2)「世界平和の会」が秘密結社イルミナティによる世界人口削減計画の実行を阻止したために新世界秩序としての最終目標である世界政府の樹立が不可能となり、さらにイルミナティの下部組織である米国の秘密政府18人委員会の悪事を阻止してきたために、恨みの感情を有していると思われます。

(注3)前任者のワルドストロム氏は、既報の「国連職員が関与したと推定される事件事故について(2014年のまとめ)」に述べた内容の指示者であった模様ですが、後任のグラッサー氏は前任者と同様に指示を受け入れて、国連防災担当長の立場を利用して面白半分に作業の指示したのではないかと思われます。

 

3.再発防止策

11月23日から24日にかけて国連職員のグラッサー氏を浄化(グラッサー氏に「いのちのクリーニング」を適用)しましたので、今後は同様の指示はしないことが期待されます。

地震発生日の予測とこれによる地震誘発指示者への刺激

2062年から来た未来人が2011年3月11日の東北大震災を予言していたのではないかと言われていましたが、この未来人の言った「2016年4月15日にまた来る」という発言通りに今年の4月15日前後に熊本地震(地震波形から、人工地震と推断されます)が起きたことと、新井と名乗る人物がこの未来人に成りすまして「2016年5月17日」の日付けに触れたために、2チャンネルなどでこの日に地震が起こるのではないかと騒がれました。

実はこの騒ぎに刺激されて、某国連職員が面白がって今年の5月16日、17日に関東地方(茨城県と千葉県内)に地震を引き起こさせて、続いて翌18日に南海トラフでの人工地震と人工津波を誘発するべく指示を出していたのです。それで、私は17日から18日にかけて南海トラフでの人工地震と人工津波を阻止するべく国連等複数の関係部署にこの件を連絡するとともに「いのちのクリーニング」を用いて某国連職員を浄化して、中止させたという経緯がありました。

ですので、南海トラフでの巨大地震の発生が地震の専門家に予測されていることもあって、地震の発生を懸念することは已むを得ないこととしても、単なる憶測による地震日の特定は、事態を面白がっている立場の人物を刺激することになりかねませんので、お気をつけ頂きたいと思います。ただ、科学的な根拠がある場合や、所謂超常現象として地震の発生が予測或いは予知される場合は、この限りではありませんので申し添えさせて頂きます。

世界の地震発生が継続しない様にするための対処のご報告

今月14日午後9時26分頃に熊本県熊本地方を震源地とする震度7(震源:マグニチュードM6.5、深さ約10 km)の地震が発生しましたが、また震源地を同じくして16日午前1時25分頃にも震度6強(震源:M7.3、深さ約10 km)の地震の発生がありました。

特徴的なこととしては、震源地が阿蘇地方や大分県へ移動していたことから、気象庁は「広域的に続けて地震が発生したケースは近代観測が始まって以降は思い浮かばない」との見解を発表していました。

更に、15日の地震波形(K-net, NIED:防災科学技術研究所、下記の地震波形掲載ブログをご参照願います)によれば、最初から横揺れになっており、自然地震に見られる初期の縦揺れがありません。結局のところ、自然地震の波形とは明瞭に異なっていますので、人工地震の可能性が疑われました。
地震波形掲載ブログ:地球情報局、【平成28熊本地震】最大震度7の巨大地震 9人死亡、998人けが 地震の2時間前に中国・九州地方に一本線の雲が観測、2016年4月15日

また、『4/14日に起こされた、熊本の震度7の地震も・・・「別の星にある地震発生兵器」で意図的に引き起こされています・・・』とする記事もありましたので、以下に引用してご紹介させて頂きます。

<引用開始>
4/14日に起こされた、熊本の震度7の地震も「地球外知的生命・エイリアン・宇宙人・異星人」といった「別の星にある地震発生兵器」で意図的に引き起こされています、もはや地震程度は簡単に起こせる技術なのです。

別の星から可能:時空間転移・プラズマエネルギーの量子テレポート技術で、別の星(地球の宇宙の上位次元領域)から、地球上のマントルにエネルギーを転送し地震発生の下準備と、当日のエネルギー発生で地殻変動を起こせるのです。
<引用終了>
引用元:facebook掲載記事、宇宙人の秘密、宇宙人からの交信情報、2016年4月15日

そこで、今回の熊本地震はレプティリアン(爬虫類人)により引き起こされた可能性が考えられるため、この件について天上界へ問合せたところ回答がありましたので、以下に取り纏めました。

1. レプティリアンの部下が、日本に対していじめの感情を持っている人物を利用して、一連の地震を人工的に引き起こさせたらしいのです。具体的には、米国在住のユダヤ国際金融財閥を唆して指示を出させて、某国の軍関係者に人工地震誘発装置を操作させたとのことです。

2. 今回はこれまで使用されたアラスカにある某国軍のHAARPではなく、新たな人工地震誘発装置が使用された模様です。なお、この新人工地震誘発装置は地球に存在していると考えられるが、地球以外の天体に存在している可能性もあるとのことです。

3. 今月17日に中米のエクアドルで震源のマグニチュード7.8の地震が発生しましたが、これはレプティリアンの別の部下が某国連職員を唆して指示を出させて、某国の政府役人が新人工地震誘発装置を操作して引き起こした模様です。従って、日本以外では、主に某国連職員の立場を利用した遊び心で地震を発生させているのではないかと考えられます。

そこで、従来から闇の勢力としてのレプティリアンは地球の権力者を騙した上で従えさせて世界を弄んで来たのですが、そのレプティリアンの代表を浄化(レプティリアンの代表に「いのちのクリーニング」を適用してネガティブな状態をポジティブに)して世界を弄ぶような指示を出させない様にしました(2016年4月16、17、18日に実施して完了)。

4次元存在とされているレプティリアンは、以前からイルミナティを中心とする所謂闇の権力を支援して世界人口の削減計画への協力と自らの世界支配の継続を図り地球を自分たちの遊び場として来たのですが、上記のクリーニングを完了したことによってレプティリアンの代表が人間らしくなったために、指示を聞き入れない存在も出て来るでしょうから完全にとまでは言い切れないのは生憎ですが、それらがある程度行なわれなくなることが期待されます。

ネパールの地震は、闇の勢力が引き起こした人工地震であったか。

4月25日にネパールの首都カトマンズ近郊でM7.8の地震が発生しましたが、地震の波形を示すグラフから、人工地震であるとの指摘があります。

 

また、これを裏付ける情報として、天上界からの5月1日付けのメッセージの中に、この人工地震を誘発した原因が、天上界が行なったスターゲイトの活性化に対する報復であったとして触れられています。

 

<引用開始>

ルイーズ湖にあるアンドロメダへのスターゲイトの活性化の一週間後、カトマンズの仏教徒街で地震が解き放たれて、6,300人以上が死亡しました。これは間違いではありません。この地震は、開示(引用者注1)の前の最後の段階の活性化に対する報復が目的でした。隔離所の除去は、地上の平和を止めることができるものは何もないことを意味します。これは、もはや権力がなくこの世界を切望しない者達(引用者注2)からの、最後の一撃でした。何れにせよ、彼らは今離れているところです。今後地球は、地球を破壊しようと試みた戦争犯罪者達(引用者注3)が不在になって、自然に進化することが許されるようになるでしょう。

 

これは、生命の著しい損失だけではなく古代の仏教寺院の計り知れない損失も伴うひとつの巨大な心理的攻撃だったため、それは、地球外生命体達と彼らの科学技術が入り込んで、地球に神聖なる政府をもたらす次の段階で人類を支援することができるひとつの事実としての資格を得ます。これは、戦時賠償、神聖なる黄金時代、そして治療、財政、教育、エネルギー、科学技術、旅行、その他数多くを含む人生のすべての領域の改革を含みます。地球の周波数が高められて、その進化が続きます。

<引用終了>

引用元:きらきら星へようこそ、カナダのバンフ公園のルイーズ湖にあるアンドロメダのスターゲイトを活性化する、サナンダからのメッセージ、エリザベス・トラットウィン経由、2015年5月3日

 

(引用者注1)開示は、一般的にはディスクロージャーと称されており、地球外生命体が実在していることを示すこれまでの情報を公式に開示することです。

 

(引用者注2)「もはや権力がなくこの世界を切望しない者達」とは、魔界(またはアルコン)の存在のことであると考えられます。

 

(引用者注3)「地球を破壊しようと試みた戦争犯罪者達」とは、闇の権力と称されているユダヤ国際金融財閥のことであると考えられます。

 

手短に言えば、闇の勢力の一員であるユダヤ国際金融財閥が、魔界の存在に唆されて、天上界の行なったディスクロージャーのためのスターゲイトの活性化への報復と、ネパールの遺跡の破壊を目的として、アラスカにあるHAARP(注)を使って、人工的に地震を引き起こさせた、ということが実態の模様です。

 

(注)HAARPとは、High Frequency Active Auroral Research Program(高周波活性オーロラ研究計画)の略称で、アラスカの米軍基地にあるとされています。ウイキペディアによれば、2014年5月に米国空軍が閉鎖したとされていますが、実際には使用されることがあるのではないかと考えられます。

天上界からの広域停電と人工地震の警告があったのか

1.近々広域停電発生か

「ヤスの備忘録2.0 歴史と予知、哲学のあいだ」にて、「02/09のツイートまとめ」として変電所の爆発と広域停電に関して以下のフィードがありました。

 

<引用開始>

(1)変な事件。2月2日、ミシガン州エスカナバ市で変電所のひつつが爆発し、周辺地域で広域停電が発生した事件があった。Escanaba Power Outagehttps://t.co/no3czun5sM

02-09 11:39

(2)原因はよく分かっていない。ところが、爆発中、空からビームが変電所に照査されているかのようなビデオが住民によって多数撮影されている。Escanaba power plant explosion https://t.co/GvVxFeN4s7

02-09 11:40

(3)これはもっとも圧巻。臨場感が伝わってくる。Escanaba power plant explosion https://t.co/KCOJik3UQc

02-09 11:40

<引用終了>

 

これらの情報から、天上界からの警告として変電所の爆発が起こされ、近々広域停電が起こることのお知らせがあったのではないかと考えられます。この背景としては、米国の国家(米国は、「米国コーポレーション」という株式会社です)及び米国中央銀行のFRBが破産状態で、今までの中央銀行制度ではなく、金の裏付けの有る新たな国際通貨精度へ切り替えるべく準備が進められていますので、その切り替えに伴って銀行の閉鎖が行なわれる予定ですが、現在の状況からすると、広域停電にならざるを得ないのではないかと思われます。

 

2.近々人工地震・津波発生か

NHK NEWS WEBのニュース詳報によれば、2月17日18時53分に相次ぐ東北沖震源の地震 引き続き注意をとして、以下の報道がありました。

 

<引用開始>

17日の午前と午後、東北の太平洋側の沖合を震源とする地震が相次ぎ、午前の地震では、岩手県の沿岸で最大で20センチの津波を観測したほか、午後の地震では、青森県で震度5強の強い揺れを観測しました。

いずれも、4年前の巨大地震の余震とみられ、気象庁は引き続き注意を呼びかけています。

気象庁によりますと、17日午前8時6分ごろ、三陸沖を震源とする地震があり、岩手県、青森県、宮城県、それに秋田県の各地で震度4の揺れを観測したほか、北海道から東海にかけての広い範囲で震度3から1の揺れを観測しました。

この地震で気象庁は一時、津波注意報を発表し、岩手県の久慈港では高さ20センチの津波を観測しました。

気象庁によりますと、震源地は三陸沖で、震源の深さは10キロ、地震の規模を示すマグニチュードは6.9と推定されています。

また午後1時46分ごろには、岩手県沖を震源とする地震があり、青森県階上町で震度5強の揺れを観測したほか、岩手県普代村で震度5弱の揺れを観測しました。

また震度4の揺れを、青森県八戸市、岩手県の盛岡市、宮古市、久慈市、二戸市、八幡平市、滝沢市などで観測したほか、北海道と東北、関東、それに新潟県の各地で震度3から1の揺れを観測しました。

この地震による津波はありませんでした。

気象庁の観測によりますと、震源地は岩手県沖で、震源の深さは50キロ、地震の規模を示すマグニチュードは5.7と推定されています。

<引用終了>

 

2011年3月11日の東日本大震災については、実践報告:世界人口削減計画の阻止で述べているように、人工地震であったのではないかと考えています。

 

それで、本日のMBS(毎日放送テレビ)の「ひるおび!」にて「3.11東日本大震災は、14:46に本震M9.0、震源は深さ24㎞で陸に近く、15:25に余震(アウターライズ地震)M7.5、震源は深さ11㎞で陸から離れた場所であったが、アウターライズ地震は津波を起こす。」との解説があり、上記の17日の地震の場合は、8:06の震源は陸から離れていてアウターライズ地震であり、13:46の震源は陸に近かった、とのことでした。

 

これらの情報から、天上界からの警告として、近々日本をステルス攻撃するための人工地震が引き起こされようとしているぞ、というお知らせではないかと考えられます。

 

なお、1944(昭和19)年の東南海地震は人工地震だった!で述べたように、終戦前から原爆による人工地震が起こされていますので、3.11東日本大震災も、HAARPによるM9.0の本震とM7.5の原爆によるアウターライズ地震の組み合わせではなかったかと推定されます。

1944(昭和19)年の東南海地震は人工地震だった!

2011年8月10日にNHKで放映の「封印された大震災~愛知・半田」によれば太平洋戦争中の1944年12月7日に発生した東南海地震は、米国により引き起こされた人工地震ではなかったか、ということを伝えようとしています。(Youtube、東南海地震:「地震の次は何をお見舞いしましょうか」とB29がビラ、2011.8.10)

 

それで、人工地震であったと推断できる状況証拠としては、以下の通りの史実が既にインターネット上に示されています。

 

1.米国の対日人工地震・津波プロジェクト

米国は、太平洋戦争中に対日人工地震・津波を引き起こすために、「プロジェクト・シール」という実験を行なっていたとのことですので、引用します。

「プロジェクト・シール:米政府は第二次大戦の末期から地震・津波兵器の開発を進めてきた。ニュージーランドの沖合いで実施された津波爆弾『プロジェクト・シール』の実施では30メートルを超える津波の発生に成功した・・・。」(richardkoshimizu’s blog、はいはい、わかったわかった。、2012.3.10)

 

2.東南海地震前後に米軍B29から投下されたビラ

(1)地震前:日本に米国式人工地震を引き起こす旨の警告

「1923年諸君の国に大損害を及ぼした、かの大地震を記憶しているか。米国はこれに千倍する損害を生ぜしめる地震をつくり得る。

かくのごとき地震は、二トン半ないし四トンの包みにして持ってこられる。これらの包みはいずれも数年間をかけた苦心さんたんの賜物を二、三秒間内に破壊しうるのである。

米国式地震を注目して、この威力が放たれた際に大地の震動を感知せよ。諸君の家屋は崩壊し、工場は消失し、諸君の家族は死滅するのである。

米国式地震を注目せよ―諸君はそれが発生するときを知るであろう。」(richardkoshimizu’s blog、はいはい、わかったわかった。、2012.3.10)

(2)地震後:「地震の次は、何をお見舞いしましょうか」との挑発

 

3.米国戦略事務局OSS機密文書の公開

「日本本土への心理学的戦争行為地震計画」という、米国の諜報機関CIAの前身であるOSSの機密文書が2004年に公開され、この文書の関連箇所の和訳は次の通りである、とのことです。

「日本人の目を覚まさせるには、地獄に飲み込まれたと思わせる必要がある。そのためには、地震を恐れる日本人の特性を徹底的に突くべし。地震攻撃に勝るものはない。

地震・津波攻撃の目的は、日本人をパニックに陥れることで、神国日本や軍部独裁に対する不信感を醸成することにある。日本人が国家を捨て、個人の生存を第一に考えるようにするためのショック療法ともいえる。」(NABERまとめ、人工地震だった東南海地震~日本の選択2012 ⑦、2012.2.16)

 

また、この文書に関して、次の説明があります。

「第二次大戦末期の1944年にカリフォルニア大学のバイヤリー教授を中心とする地質学者たちが動員され、「日本近海のどこの海底プレートに強力な爆弾を仕掛ければ、人工的に巨大な津波を起こせるかシュミレーションを繰り返した」という。ここでいう「強力な爆発物」とは、開発間もない「原爆」のことである。」(richardkoshimizu’s blog、はいはい、わかったわかった。、2012.3.10)

 

そして、この原文は、以下で表示されます。

enet.or.jp, PHYCHOLOGICAL WARFARE EARTHQUAKE PLAN AGAINST JAPANESE HOMELAND(原文PDF)

 

4.東南海地震での原爆使用

リチャード・コシミズ氏は、次の様に指摘しています。

「1944年12月にはM7.9の「東南海地震」、45年1月にはM6.8の「三河地震」が発生し、それぞれ数千人の犠牲者を出した。前者では、三菱重工業や中島飛行機といった米軍が標的とする軍需工場が壊滅的な打撃を受けた。「観測史上最大規模の地震」だと当時の米国新聞は報じている。15メートルの津波を伴ったそうだ。」(richardkoshimizu’s blog、はいはい、わかったわかった。、2012.3.10)

 

そして氏は、米国は1944年に世界で初めて原爆を使用したと主張しています。(Youtube、2013.4.6_01/07 リチャード・コシミズ広島講演会、2013.4.9)