11月22日の福島県沖地震は米国秘密政府18人委員会と国連職員の指示によって誘発された人工地震であった

問題の日の午前5時59分頃、福島県沖を震源とするM7.3(最大震度5弱、震源深さ10㎞:防災科学技術研究所データ)の地震が発生し、津波警報が出ていた仙台港では午前8時3分に1m40㎝の津波を観測したとの報道がありましたが、これは人工地震であるとするブログ記事(注1)がありましたので、その有無について聖霊にお伺いしますと、やはり人工であるとして以下の内容のご回答がありましたので、お知らせさせて頂きます。

(注1)新ベンチャー革命、2016年11月22日早朝、東電福島事故原発の沖合でM7.4 の海底大地震発生:戦時中に米軍は海底核爆発による地震津波兵器を開発済みである事実をなぜ、日本政府もマスコミも日本国民に知らしめないのか、2016年11月22日

 

1.実行方法

米国の秘密政府18人委員会のメンバーであるモンタギュー氏が、国連防災担当長(国連総長の特別代表)のロバート・グラッサー氏へ指示し、グラッサー氏は地球深部探査船「ちきゅう」の関係者へ指示して、その関係者が福島県沖海底の掘削作業、掘削穴への小型核爆弾の設置作業を行ない、11月22日早朝(日本時間)に遠隔による起爆操作(操作者は不明)が行なわれた模様です。

 

2.実行理由

モンタギュー氏は日本への恨みの感情(注2)に基づいて指示しており、グラッサー氏は面白半分(注3)で指示したとのことです。

(注2)「世界平和の会」が秘密結社イルミナティによる世界人口削減計画の実行を阻止したために新世界秩序としての最終目標である世界政府の樹立が不可能となり、さらにイルミナティの下部組織である米国の秘密政府18人委員会の悪事を阻止してきたために、恨みの感情を有していると思われます。

(注3)前任者のワルドストロム氏は、既報の「国連職員が関与したと推定される事件事故について(2014年のまとめ)」に述べた内容の指示者であった模様ですが、後任のグラッサー氏は前任者と同様に指示を受け入れて、国連防災担当長の立場を利用して面白半分に作業の指示したのではないかと思われます。

 

3.再発防止策

11月23日から24日にかけて国連職員のグラッサー氏を浄化(グラッサー氏に「いのちのクリーニング」を適用)しましたので、今後は同様の指示はしないことが期待されます。

地震発生日の予測とこれによる地震誘発指示者への刺激

2062年から来た未来人が2011年3月11日の東北大震災を予言していたのではないかと言われていましたが、この未来人の言った「2016年4月15日にまた来る」という発言通りに今年の4月15日前後に熊本地震(地震波形から、人工地震と推断されます)が起きたことと、新井と名乗る人物がこの未来人に成りすまして「2016年5月17日」の日付けに触れたために、2チャンネルなどでこの日に地震が起こるのではないかと騒がれました。

実はこの騒ぎに刺激されて、某国連職員が面白がって今年の5月16日、17日に関東地方(茨城県と千葉県内)に地震を引き起こさせて、続いて翌18日に南海トラフでの人工地震と人工津波を誘発するべく指示を出していたのです。それで、私は17日から18日にかけて南海トラフでの人工地震と人工津波を阻止するべく国連等複数の関係部署にこの件を連絡するとともに「いのちのクリーニング」を用いて某国連職員を浄化して、中止させたという経緯がありました。

ですので、南海トラフでの巨大地震の発生が地震の専門家に予測されていることもあって、地震の発生を懸念することは已むを得ないこととしても、単なる憶測による地震日の特定は、事態を面白がっている立場の人物を刺激することになりかねませんので、お気をつけ頂きたいと思います。ただ、科学的な根拠がある場合や、所謂超常現象として地震の発生が予測或いは予知される場合は、この限りではありませんので申し添えさせて頂きます。

南米沖のエルニーニョ現象発生は人工的なもので、某国連職員が指示しています

今年は何回もエルニーニョ現象発生の報道があり、先月のニュースでも『気象庁は、この冬を「暖冬」と予想。原因は、遠く太平洋赤道付近で発生している過去最大級のエルニーニョ現象だ。太平洋東側の南米ペルー沖で、海面水温が平年より高い状態が1年近く続くエルニーニョ現象は、世界各地に異常な天候をもたらすことで知られている。』(注)と報道されましたが、予想通りに12月は暖冬になっています。

(注)産経ニュース、エルニーニョ、史上最大級 暖冬予想 太平洋側大雪も、2015年11月18日

しかし、天上界へ問い合わせたところ、このエルニーニョ現象は自然現象ではなく、人工的に引き起こされている、とのご回答でしたのでお知らせさせて頂きます。

詳細的には、某国連職員がエルニーニョ現象を引き起こすように某国の軍関係者に指示をして、アラスカ駐在のオペレーターがHAARPを使用して気象操作を行なうことによって、エルニーニョ現象を人工的に発生させているものです。

STAP細胞問題は自分たちに不都合な技術開発を潰そうとした陰謀であったか

万能性細胞であるかも知れないとされている、いわゆる「STAP細胞(正式名称は、刺激惹起性多能性獲得細胞、 Stimulus-Triggered Acquisition of Pluripotency cells)」については、昨年まで理化学研究所(以下、理研)のユニット・リーダーであり、STAP細胞論文の著者であった小保方晴子氏の責任著者で、理研のCDB副センター長であった笹井芳樹氏は、都内での記者会見で「STAP現象を前提にしないと容易に説明できないデータがある」と述べたと報道されました。

 

<引用開始>

「STAP現象を前提にしないと容易に説明できないデータがあるが、・・・。」

『STAP現象を前提にしないと容易に説明できないデータの例を挙げます。一つは「ライブ・セル・イメージ」です。10以上の視野を同時に観察できる顕微鏡ムービーであり、人為的なデータ操作は事実上不可能です。』

「また、STAP細胞にはES細胞とは異なる特徴があります。キメラマウス実験の結果を見ても、STAP現象は現在最も有力な仮説と考えています。」

<引用終了>

引用元:The Huffington Post、笹井芳樹さん「STAP細胞と考えないと説明できないデータがある」 小保方晴子さんの上司が会見、2014.4.16

 

しかし、笹井氏は2014年8月5日に縊死による自殺と報道されましたが、自殺偽装説が多数見られ、他殺であったものと判断されます。

・  nueq lab、理研:笹井氏は「 自殺 」???、2014.8.6

・ 真実を探すブログ、【違和感】自殺した理研の笹井氏、何故か家族への遺書は無し!代理人も知らない遺書の中身が報道される!代理人「遺書は届いていない」、2014.8.6

・ 新ベンチャー革命、理研CDB・笹井氏変死事件に関しネットでは自殺偽装説が噴出:STAP細胞技術開発妨害と中東ガザ地区大量殺人とアフリカ・エボラ出血熱死者急増はすべてつながっていると知れ!、2014.8.7

・ NAVERまとめ、笹井芳樹(理化学研究所、STAP細胞)自殺にまつわる“陰謀論” 自殺までねつ造!?、2014.8.9

 

つまり、STAP細胞は本物であるからこそ、その開発技術が米国に先んじて日本から世界に広まることを潰したい「闇の勢力」が存在していて、そのために彼らがSTAP細胞技術開発を妨害し、更に理研をも潰すために笹井氏を亡き者にしたのではないかと考えられます。

 

この自殺偽装工作は、レプティリアン(爬虫類人)に唆された米国在住のユダヤ国際金融財閥が、某国政府機関を使って実行させたことが天上界への問い合わせで分かりましたので、「いのちのクリーニング」を用いた浄化を既に実施済みです。

 

なお、週刊新潮の記事によれば、小保方氏本人も『「大きな流れに潰されそう」「大きな力が働いていると、何らかの力が働いていることをほのめかしている。』とのことであり、上記の「闇の勢力」の存在については、リチャード・コシミズ氏が「STAP細胞、どうやらホンモンだからこそ、ユダヤ裏社会が必死になって潰そうとしている….という構図が見えてきたように思います。・・・STAP細胞が事実なら、絶対にユダ金は独占か封印に走ります。ニセモノなら、ここまで騒ぐ必要もないし、騒ぐ価値もない。メディア総出のバッシングが起きていること自体に背後関係が見え隠れすると思います。」と指摘しています。

引用元:richardkoshimizu’s blog、STAP小保方氏に週刊新潮が突撃取材 「大きな力が動いている」発言にネットで憶測広がる、2014.4.4