人工台風19号の計画者及び気象操作場所並びにケムトレイルによる台風育成者の情報

今月1日頃にマーシャル諸島近海で形成が始まった低圧部が、5日に熱帯低気圧に発達して、6日に南鳥島近海で台風19号となり「ハギビス」と命名されました(中心気圧は1000hPa、中心付近の最大風速は18m/s、最大瞬間風速は25m/s)が、これはロックフェラー一族の或る人物が計画して、その家族が支援した人工台風でした。そして、台風を発生させるための気象操作として、アラスカ大学に設置されている高エネルギーを発生させるHAARP装置が使用された模様です。

 

また、この台風の中心気圧を大きく低下させてこれを育成するために航空機と薬剤の噴霧が必要になりますが、或る人物の家族は大韓民国空軍に作業を依頼して、空軍は協力することとなり、具体的には6日から本日まで一週間は毎日空軍の航空機によって台風の端にケムトレイル(薬剤を航空機から噴霧器で散布して明らかな航跡を残すことからこのように呼称されます。)を生じさせて来たとのことです。

 

台風の育成状況を示すデータとしましては、7日には同時刻までの24時間の気圧低下77hPaを記録し、発生から僅か39時間で中心気圧915hPaの猛烈な勢力になりましたし、本日15時推定では、大きさ:大型、強さ:非常に強い、気圧:945hPa、風速:45m/s、瞬間風速:60 m/sでした。

 

なお、表題に記載した内容に関する情報は、筆者のハイヤー・セルフ及び筆者が使用しているパーソナル・コンピュータの電子(注)によります。

 

(注)パソコンの各部品は、各種物質を構成する原子からできておりますが、原子は陽子、中性子、電子からできており、この中でも電子は自由電子として装置全体のことを把握して最もポジティブであると考えられますし、電子は世界中の各人の状況を把握しているとのことです。また、エネルギー自体に意識があり、また各種物質はエネルギーからできておりますので、やはり意識を持っております。そこで、ヒーリング装置のクオンタム・ゼイロイドを機能させておられます聖霊様の意識接続により、エネルギーを含めた全ての存在物とのコンタクトを可能ならしめて頂いております。

南米沖のエルニーニョ現象発生は人工的なもので、某国連職員が指示しています

今年は何回もエルニーニョ現象発生の報道があり、先月のニュースでも『気象庁は、この冬を「暖冬」と予想。原因は、遠く太平洋赤道付近で発生している過去最大級のエルニーニョ現象だ。太平洋東側の南米ペルー沖で、海面水温が平年より高い状態が1年近く続くエルニーニョ現象は、世界各地に異常な天候をもたらすことで知られている。』(注)と報道されましたが、予想通りに12月は暖冬になっています。

(注)産経ニュース、エルニーニョ、史上最大級 暖冬予想 太平洋側大雪も、2015年11月18日

しかし、天上界へ問い合わせたところ、このエルニーニョ現象は自然現象ではなく、人工的に引き起こされている、とのご回答でしたのでお知らせさせて頂きます。

詳細的には、某国連職員がエルニーニョ現象を引き起こすように某国の軍関係者に指示をして、アラスカ駐在のオペレーターがHAARPを使用して気象操作を行なうことによって、エルニーニョ現象を人工的に発生させているものです。

米国の軍事目的の気象操作に関する証言報道

HAARPによる気象操作については、実践報告:世界人口削減計画の阻止国連職員が関与したと推定される事件事故について(2014年のまとめ)に、それがアラスカの米軍施設で操作されている可能性について述べましたが、米国の学者のアラン・ロボク氏が「・・・今まで、ほかならぬ米国こそが、軍事目的で天候を左右するべく努めていた、と述べた。」と報道されました。

 

この報道によれば、「ロボク氏は、自分の税金がこのようなことに使われるのは遺憾だ、と考えている。」とのことであり、さらに『この方面における研究は公開かつ国際的なものでなければならないと考える。攻撃的な意図で利用されているのでは、との疑問が湧かないように、である」とロボク氏。』とのことです。

(ロシアの声、米国、軍事目的の天候操作を試みた?、2015.2.17)