4次元のET爬虫類人の支配者等への憑依実態の目撃事例

 

先日公表しました「世界平和宣言」の中で「また、レプティリアンは、長年に亘って地球上の支配者に取り憑いてその立場を味わうとともに、邪悪な行為に関与することによって満足感を得ていたようです。」と記述致しましたが、この論説につきまして「果たして証拠はあるのか」との疑問をいだく方が居られるようですので、長期に亘る全人類管理体制「ブラザーフッド・アジェンダ」を解明・警告した書籍から引用して、ご紹介させて頂きます。

 

[引用開始]

 

続出する「爬虫類人へと変身する人間たち」目撃情報

 

・・・・・

(例1)

アメリカ合衆国の各地を旅して回った1998年の15日間、私は、レプティリアンを見たと言う何人もの人々に会って話を聞きました。彼らは、人間が爬虫類人へと変身し、そしてまた人間へと戻っていくようすを克明に語ってくれました。男女一人ずつの二人のテレビ司会者が、そのような経験について話してくれました。それは、「ニュー・ワールド・オーダー」という名で知られる世界権力に賛同するある男性に対し、彼らがインタビューを行なっていたときのことであったといいます。インタビュー後に男性司会者は、「実は信じられないものを見たんだ。あの人の顔がトカゲの化け物のような顔になって、それでまた人間の顔に戻ったんだ」と女性司会者に打ち明けました。すると彼女のほうも驚きました。実は彼女も、その男の手が爬虫類的なものに変化していくようすを目にしていたのでした。(注1)

 

(例2)

さらにその男性司会者は、彼の友人の警察官が体験したという事実についても話をしてくれました。その警官は、コロラド州デンバー近くのオーローラという町のオフィス街を、いつものようにパトロールしていたといいます。あるオフィス・ビルに立ち寄った彼は、その一階に事務所を構える企業経営者の一人(女性)とおしゃべりをしていました。

彼女は、もし彼がそれは本当に如何に大々的であったかを知りたいと思ったならばより上の階を見るべきだと彼に言いました。彼女はまた、ビルの最上位の或る階へ行くだけのエレベーターを指して、彼らはおしゃべりしながら、彼女は数週間より前に見たあることの話を彼にしました。そのエレベーターは開いて、非常に奇妙な人物が現われました。彼は、アルビノ(白子)であるくらい白かったのですが、顔はトカゲのような形をしており、目の瞳孔は爬虫類のものに似て垂直でした。そのトカゲのような人物は、エレベーターから歩いて出て、外で待つ公務に見える車に乗りました。

このできごとに非常な興味を覚えたその警官は、謎のエレベーターが直通する上層階の企業について、非番の時間を使って調べ始めました。そして彼は、それらの企業がCIA(中央情報局)のフロント(偽装出先機関)であることを突き止めたのでした。(注2)

 

ブッシュ前大統領はキャシー・オブライエンの目前で爬虫類人に変身(シェイプ・シフト)した!

 

(例3)

その後、経験を有して来ているキャシー・オブライエンは25年以上ものあいだ、合衆国政府のマインドコントロールによる奴隷でした。・・・・・

彼らの内、米国大統領のジェラルド・フォード、ビル・クリントン、ジョージ・ブッシュが居て、このうちでも特にジョージ・ブッシュは、悪名高き大物ブラザーフッド・メンバーです。・・・・・

キャシーは、『失神状態のアメリカ』の中でこう言っています。「ジョージ・ブッシュはワシントンDCの執務室の中で私の目の前に腰掛けていました。そのとき彼が開けた本のページには、宇宙の彼方からやって来たトカゲのようなエイリアンの姿が描かれていました。自分もエイリアンなのだと言うと彼は、私の目の前で、カメレオンのように爬虫類人へと変身しました。・・・・・」(注3)

 

メキシコ大統領も眼前でイグアナに変身!

 

(例4)

1980年代にメキシコ大統領であった人物も、マインドコントロール状態のキャシーを利用した者たちの一人でした。・・・・・

「高度な天文学的知識に基づいたマヤのピラミッドや処女生贄の習慣は、トカゲのような姿をした異星人によってもたらされたものだ。そのレプティリアンたちは、マヤの人々とのあいだに、彼らが取り憑くことのできる混血種を生み出した。そのようにして生み出されたレプティリアンと人間の混血種の血流を受け継ぐ者たちは、カメレオンのような変身能力によって、人間の姿とイグアナの姿のあいだを意のままに行き来できるのだ。世界の指導者たちは、このような変身能力を完璧に備えている。かく言う私もマヤのトカゲ人種の血を引いており、好きなときにイグアナの姿に戻ることができる」

そう言って彼は、かつてのブッシュのように変身し、トカゲのような目と舌を見せつけました。

・・・・・

人間がシェイプ・シフト(カメレオンのように変身)して爬虫類のような姿になったという古代伝説は、世界中の各地に伝わっています。現代世界においても、開かれた精神を持った人々のあいだでは、このテーマは広く認識されています。・・・・・(注4)

 

世界の政治権力者(トップリーダー)、金融エグゼクティブなども人間や爬虫類の姿に自在に変身する

 

(例5)

会合のあの15日間のお開きに、何人もの人々は私に人間が爬虫類に変身するのを目撃したとの同じ話をして、出演したミネアポリスでの「全人生博覧」大会の講演者控え室で見学していましたが、その場所で一人の目に見えない力の女性とこれらの体験についておしゃべりした時、彼女は執筆者の語った事項について知っていたと物言いました。なぜかというと彼女は、主な世界の政治家たちやビジネス・金融・軍事の精鋭たちの身体のおなかと周囲に爬虫類たちを見ることができたかも知れないからです。彼女のクレアボヤンスの視界にアクセスしたことのあった誰かほど、彼女は肉体を超えてレプティリアンが所属する下劣な四次元を見通せたので、これはあり得ました。

・・・

この超能力の女性は、権力者の殆どは爬虫類の姿に見えましたが、中にはまだ人間であった者も居たし、これらの人々は、爬虫類によって「憑依されて抑制されて」いたものの、彼らは実際には爬虫類ではなかった、と言いました。(注5)

[引用終了]

 

出典:デービット・アイク著 太田龍監訳『大いなる秘密<上>「爬虫類人」―超長期的人類支配計画アジェンダ全暴露!! 』(三交社、2000年8月)

第2章、驚愕の目撃例、「その爬虫類人のことを口にするな!」

 

前記の第2章には、更に多数のレプティリアンの目撃例が記述されていますので、ご興味を持たれた方はご参考になられればと存じます。

なお、引用文の中にも表現されておりますが、レプティリアンが憑依しているのを目撃された人物は、支配者だけではなく、権力者、政治家、ビジネス・金融・軍事の精鋭などと説明されています。

 

 

[参考著作]

・船井幸雄、太田龍著『日本人が知らない「人類支配者」の正体』(ビジネス社、2007年10月)

 

[注釈]

(注1)デービット・アイク著 太田龍監訳『大いなる秘密<上>「爬虫類人」―超長期的人類支配計画アジェンダ全暴露!! 』(三交社、2000年8月)、107頁

(注2)同上、107~108頁

(注3)同上、108~109頁

(注4)同上、109~110頁

(注5)同上、114~115頁

世界の地震発生が継続しない様にするための対処のご報告

今月14日午後9時26分頃に熊本県熊本地方を震源地とする震度7(震源:マグニチュードM6.5、深さ約10 km)の地震が発生しましたが、また震源地を同じくして16日午前1時25分頃にも震度6強(震源:M7.3、深さ約10 km)の地震の発生がありました。

特徴的なこととしては、震源地が阿蘇地方や大分県へ移動していたことから、気象庁は「広域的に続けて地震が発生したケースは近代観測が始まって以降は思い浮かばない」との見解を発表していました。

更に、15日の地震波形(K-net, NIED:防災科学技術研究所、下記の地震波形掲載ブログをご参照願います)によれば、最初から横揺れになっており、自然地震に見られる初期の縦揺れがありません。結局のところ、自然地震の波形とは明瞭に異なっていますので、人工地震の可能性が疑われました。
地震波形掲載ブログ:地球情報局、【平成28熊本地震】最大震度7の巨大地震 9人死亡、998人けが 地震の2時間前に中国・九州地方に一本線の雲が観測、2016年4月15日

また、『4/14日に起こされた、熊本の震度7の地震も・・・「別の星にある地震発生兵器」で意図的に引き起こされています・・・』とする記事もありましたので、以下に引用してご紹介させて頂きます。

<引用開始>
4/14日に起こされた、熊本の震度7の地震も「地球外知的生命・エイリアン・宇宙人・異星人」といった「別の星にある地震発生兵器」で意図的に引き起こされています、もはや地震程度は簡単に起こせる技術なのです。

別の星から可能:時空間転移・プラズマエネルギーの量子テレポート技術で、別の星(地球の宇宙の上位次元領域)から、地球上のマントルにエネルギーを転送し地震発生の下準備と、当日のエネルギー発生で地殻変動を起こせるのです。
<引用終了>
引用元:facebook掲載記事、宇宙人の秘密、宇宙人からの交信情報、2016年4月15日

そこで、今回の熊本地震はレプティリアン(爬虫類人)により引き起こされた可能性が考えられるため、この件について天上界へ問合せたところ回答がありましたので、以下に取り纏めました。

1. レプティリアンの部下が、日本に対していじめの感情を持っている人物を利用して、一連の地震を人工的に引き起こさせたらしいのです。具体的には、米国在住のユダヤ国際金融財閥を唆して指示を出させて、某国の軍関係者に人工地震誘発装置を操作させたとのことです。

2. 今回はこれまで使用されたアラスカにある某国軍のHAARPではなく、新たな人工地震誘発装置が使用された模様です。なお、この新人工地震誘発装置は地球に存在していると考えられるが、地球以外の天体に存在している可能性もあるとのことです。

3. 今月17日に中米のエクアドルで震源のマグニチュード7.8の地震が発生しましたが、これはレプティリアンの別の部下が某国連職員を唆して指示を出させて、某国の政府役人が新人工地震誘発装置を操作して引き起こした模様です。従って、日本以外では、主に某国連職員の立場を利用した遊び心で地震を発生させているのではないかと考えられます。

そこで、従来から闇の勢力としてのレプティリアンは地球の権力者を騙した上で従えさせて世界を弄んで来たのですが、そのレプティリアンの代表を浄化(レプティリアンの代表に「いのちのクリーニング」を適用してネガティブな状態をポジティブに)して世界を弄ぶような指示を出させない様にしました(2016年4月16、17、18日に実施して完了)。

4次元存在とされているレプティリアンは、以前からイルミナティを中心とする所謂闇の権力を支援して世界人口の削減計画への協力と自らの世界支配の継続を図り地球を自分たちの遊び場として来たのですが、上記のクリーニングを完了したことによってレプティリアンの代表が人間らしくなったために、指示を聞き入れない存在も出て来るでしょうから完全にとまでは言い切れないのは生憎ですが、それらがある程度行なわれなくなることが期待されます。