11月22日の福島県沖地震は米国秘密政府18人委員会と国連職員の指示によって誘発された人工地震であった

問題の日の午前5時59分頃、福島県沖を震源とするM7.3(最大震度5弱、震源深さ10㎞:防災科学技術研究所データ)の地震が発生し、津波警報が出ていた仙台港では午前8時3分に1m40㎝の津波を観測したとの報道がありましたが、これは人工地震であるとするブログ記事(注1)がありましたので、その有無について聖霊にお伺いしますと、やはり人工であるとして以下の内容のご回答がありましたので、お知らせさせて頂きます。

(注1)新ベンチャー革命、2016年11月22日早朝、東電福島事故原発の沖合でM7.4 の海底大地震発生:戦時中に米軍は海底核爆発による地震津波兵器を開発済みである事実をなぜ、日本政府もマスコミも日本国民に知らしめないのか、2016年11月22日

 

1.実行方法

米国の秘密政府18人委員会のメンバーであるモンタギュー氏が、国連防災担当長(国連総長の特別代表)のロバート・グラッサー氏へ指示し、グラッサー氏は地球深部探査船「ちきゅう」の関係者へ指示して、その関係者が福島県沖海底の掘削作業、掘削穴への小型核爆弾の設置作業を行ない、11月22日早朝(日本時間)に遠隔による起爆操作(操作者は不明)が行なわれた模様です。

 

2.実行理由

モンタギュー氏は日本への恨みの感情(注2)に基づいて指示しており、グラッサー氏は面白半分(注3)で指示したとのことです。

(注2)「世界平和の会」が秘密結社イルミナティによる世界人口削減計画の実行を阻止したために新世界秩序としての最終目標である世界政府の樹立が不可能となり、さらにイルミナティの下部組織である米国の秘密政府18人委員会の悪事を阻止してきたために、恨みの感情を有していると思われます。

(注3)前任者のワルドストロム氏は、既報の「国連職員が関与したと推定される事件事故について(2014年のまとめ)」に述べた内容の指示者であった模様ですが、後任のグラッサー氏は前任者と同様に指示を受け入れて、国連防災担当長の立場を利用して面白半分に作業の指示したのではないかと思われます。

 

3.再発防止策

11月23日から24日にかけて国連職員のグラッサー氏を浄化(グラッサー氏に「いのちのクリーニング」を適用)しましたので、今後は同様の指示はしないことが期待されます。