日本貧困化計画を放棄させるための「いのちのクリーニング」実施のご報告

産業界でのアベノミクスに関する評価につきましては、意見が二手に分割されているようですが、「安倍政権も日銀も最初から、欧米銀行屋(米戦争屋系金融機関含む)が有利になるよう日本の金融市場を誘導する政策を打っています。彼らは日本が貧乏化することを分かった上で、アベノミクスを打ち出しているのです。」と深読みする記事がありましたので、以下に引用してご紹介致します。

<引用開始>
日本国内では、アベノミクスが失敗したと専門家が指摘していますが、筆者の見方では、安倍政権も日銀も最初から、欧米銀行屋(米戦争屋系金融機関含む)が有利になるよう日本の金融市場を誘導する政策を打っています。彼らは日本が貧乏化することを分かった上で、アベノミクスを打ち出しているのです。・・・安倍政権も日銀も確信犯ですから、国内のアベノミクス批判にも馬耳東風なのです。

われら国民は、安倍政権も日銀も、日本国民をだましていることに気付くべきです。

彼らは米国寡頭勢力の言いなりになるしか、選択肢はないのです。逆らえば、安倍氏も黒田氏もただちに、その地位から引き摺り下ろされる運命なのです。

日本が米戦争屋を含む米国寡頭勢力に乗っ取られているというのはそういうことなのです。
・・・
彼らは、年金積立金が株投資の失敗で失われても、誰も責任を取らないはずです。しかも、失敗するとわかって株投資しているのです。年金積立金は国民に所有権があるので、本来、国民の同意が必要ですが、このことをマスコミは国民に知らしめないのです、本当にひどい国になりました、日本は・・・。
<引用終了>

引用元:新ベンチャー革命、われらの年金積立金は欧米銀行屋による円株市場操作で合法的に奪われる運命にある:日本国民は“自分のカネで自分が他人に買われる”奇病に罹っている、2016年2月15日

 

それで、「日本貧困化計画」でインターネット検索しますと、以下の記事がヒットしましたが、これらの記事を加味して判断すると、実際に「日本貧困化計画」が存在しているのではないかと考えられます。

・zeraniumの『真実の情報』掲示板、日本人を貧困に陥れて「支配」する闇の勢力の計画、2013年7月7日

・wantonのブログ、日本の真相を如実に表すグラフ!~世界金融資本が各国を戦争に導く為の極秘マニュアル、2016年2月2日

・facebook、ベンジャミン・フルフォード×リチャード・コシミズ、2016年2月2日

 

そこで、この「日本貧困化計画」を中止させるべく、「いのちのクリーニング」を用いて、計画策定と実行を命じている人物を唆しているネガティブ・エネルギー(以下NE)を浄化しました。

・日本貧困化計画の指示者に影響のNE(2016年2月17日実施)

これにより、政権交代が起きてこの計画が放棄されることが期待されます。

 

関連情報

1.  これまで10年以上に亘り「いのちのクリーニング」を用いてネガティブ・エネルギー(以下NE)をポジティブにして来た実践的研究から判明していることは、或る人がNEの影響を受け、そのNEに唆されて取った行動は邪悪なものになるのではないかと考えられる、ということです。
勿論、NEの影響を受けたということは、その人が否定的(ネガティヴ)な思いを持ち、NEがそれを利用してその人に否定的な行為をさせることによってNE自身が満足を得ようとしている、ということです。
ただし、すべての否定的な行為がNEに唆されたためであるとは言えませんので、ご承知おき頂きたく宜しくお願い致します。

2. 「いのちのクリーニング」の意義するところにつきましては、いのちのクリーニングとは をご参照頂きたく存じます。また、その効果につきましては、イルミナティによる世界大戦開戦の企みを阻止するための「いのちのクリーニング」の効果のご案内をご参照頂きたく存じます。

3. この計画の指示者とNEが具体的にどのような存在であるかということについて天上界へ問合せたところ、指示者、NEともに闇の勢力と定義される存在であるとのお答えでした。

ネパールの地震は、闇の勢力が引き起こした人工地震であったか。

4月25日にネパールの首都カトマンズ近郊でM7.8の地震が発生しましたが、地震の波形を示すグラフから、人工地震であるとの指摘があります。

 

また、これを裏付ける情報として、天上界からの5月1日付けのメッセージの中に、この人工地震を誘発した原因が、天上界が行なったスターゲイトの活性化に対する報復であったとして触れられています。

 

<引用開始>

ルイーズ湖にあるアンドロメダへのスターゲイトの活性化の一週間後、カトマンズの仏教徒街で地震が解き放たれて、6,300人以上が死亡しました。これは間違いではありません。この地震は、開示(引用者注1)の前の最後の段階の活性化に対する報復が目的でした。隔離所の除去は、地上の平和を止めることができるものは何もないことを意味します。これは、もはや権力がなくこの世界を切望しない者達(引用者注2)からの、最後の一撃でした。何れにせよ、彼らは今離れているところです。今後地球は、地球を破壊しようと試みた戦争犯罪者達(引用者注3)が不在になって、自然に進化することが許されるようになるでしょう。

 

これは、生命の著しい損失だけではなく古代の仏教寺院の計り知れない損失も伴うひとつの巨大な心理的攻撃だったため、それは、地球外生命体達と彼らの科学技術が入り込んで、地球に神聖なる政府をもたらす次の段階で人類を支援することができるひとつの事実としての資格を得ます。これは、戦時賠償、神聖なる黄金時代、そして治療、財政、教育、エネルギー、科学技術、旅行、その他数多くを含む人生のすべての領域の改革を含みます。地球の周波数が高められて、その進化が続きます。

<引用終了>

引用元:きらきら星へようこそ、カナダのバンフ公園のルイーズ湖にあるアンドロメダのスターゲイトを活性化する、サナンダからのメッセージ、エリザベス・トラットウィン経由、2015年5月3日

 

(引用者注1)開示は、一般的にはディスクロージャーと称されており、地球外生命体が実在していることを示すこれまでの情報を公式に開示することです。

 

(引用者注2)「もはや権力がなくこの世界を切望しない者達」とは、魔界(またはアルコン)の存在のことであると考えられます。

 

(引用者注3)「地球を破壊しようと試みた戦争犯罪者達」とは、闇の権力と称されているユダヤ国際金融財閥のことであると考えられます。

 

手短に言えば、闇の勢力の一員であるユダヤ国際金融財閥が、魔界の存在に唆されて、天上界の行なったディスクロージャーのためのスターゲイトの活性化への報復と、ネパールの遺跡の破壊を目的として、アラスカにあるHAARP(注)を使って、人工的に地震を引き起こさせた、ということが実態の模様です。

 

(注)HAARPとは、High Frequency Active Auroral Research Program(高周波活性オーロラ研究計画)の略称で、アラスカの米軍基地にあるとされています。ウイキペディアによれば、2014年5月に米国空軍が閉鎖したとされていますが、実際には使用されることがあるのではないかと考えられます。

STAP細胞問題は自分たちに不都合な技術開発を潰そうとした陰謀であったか

万能性細胞であるかも知れないとされている、いわゆる「STAP細胞(正式名称は、刺激惹起性多能性獲得細胞、 Stimulus-Triggered Acquisition of Pluripotency cells)」については、昨年まで理化学研究所(以下、理研)のユニット・リーダーであり、STAP細胞論文の著者であった小保方晴子氏の責任著者で、理研のCDB副センター長であった笹井芳樹氏は、都内での記者会見で「STAP現象を前提にしないと容易に説明できないデータがある」と述べたと報道されました。

 

<引用開始>

「STAP現象を前提にしないと容易に説明できないデータがあるが、・・・。」

『STAP現象を前提にしないと容易に説明できないデータの例を挙げます。一つは「ライブ・セル・イメージ」です。10以上の視野を同時に観察できる顕微鏡ムービーであり、人為的なデータ操作は事実上不可能です。』

「また、STAP細胞にはES細胞とは異なる特徴があります。キメラマウス実験の結果を見ても、STAP現象は現在最も有力な仮説と考えています。」

<引用終了>

引用元:The Huffington Post、笹井芳樹さん「STAP細胞と考えないと説明できないデータがある」 小保方晴子さんの上司が会見、2014.4.16

 

しかし、笹井氏は2014年8月5日に縊死による自殺と報道されましたが、自殺偽装説が多数見られ、他殺であったものと判断されます。

・  nueq lab、理研:笹井氏は「 自殺 」???、2014.8.6

・ 真実を探すブログ、【違和感】自殺した理研の笹井氏、何故か家族への遺書は無し!代理人も知らない遺書の中身が報道される!代理人「遺書は届いていない」、2014.8.6

・ 新ベンチャー革命、理研CDB・笹井氏変死事件に関しネットでは自殺偽装説が噴出:STAP細胞技術開発妨害と中東ガザ地区大量殺人とアフリカ・エボラ出血熱死者急増はすべてつながっていると知れ!、2014.8.7

・ NAVERまとめ、笹井芳樹(理化学研究所、STAP細胞)自殺にまつわる“陰謀論” 自殺までねつ造!?、2014.8.9

 

つまり、STAP細胞は本物であるからこそ、その開発技術が米国に先んじて日本から世界に広まることを潰したい「闇の勢力」が存在していて、そのために彼らがSTAP細胞技術開発を妨害し、更に理研をも潰すために笹井氏を亡き者にしたのではないかと考えられます。

 

この自殺偽装工作は、レプティリアン(爬虫類人)に唆された米国在住のユダヤ国際金融財閥が、某国政府機関を使って実行させたことが天上界への問い合わせで分かりましたので、「いのちのクリーニング」を用いた浄化を既に実施済みです。

 

なお、週刊新潮の記事によれば、小保方氏本人も『「大きな流れに潰されそう」「大きな力が働いていると、何らかの力が働いていることをほのめかしている。』とのことであり、上記の「闇の勢力」の存在については、リチャード・コシミズ氏が「STAP細胞、どうやらホンモンだからこそ、ユダヤ裏社会が必死になって潰そうとしている….という構図が見えてきたように思います。・・・STAP細胞が事実なら、絶対にユダ金は独占か封印に走ります。ニセモノなら、ここまで騒ぐ必要もないし、騒ぐ価値もない。メディア総出のバッシングが起きていること自体に背後関係が見え隠れすると思います。」と指摘しています。

引用元:richardkoshimizu’s blog、STAP小保方氏に週刊新潮が突撃取材 「大きな力が動いている」発言にネットで憶測広がる、2014.4.4